成功したときのリターンが大きいのが不動産投資

投資先として不動産というのは、何となく憧れているという人が多いです。投資先としての不動産を選択するということはそれはそれで珍しくないことです。ただし、さすがにハードルが高い投資先でもあります。 何しろ、投資をするための金額というのはどうしても高くなりがちですからそれでは難しいのですがうまくいった時のリターンが安定して、そして継続して高く期待できるという点は実に素晴らしいでしょう。 不動産投資の時に何を考えるべきであるのかということですが、不動産に限らず債券や株式などにおいては収益を得る方法は大まかに分けて二つです。 一つはキャピタルゲインであり、これは購入した資産の価格が高くなって、それを売却したりすることによって得られる収益のことになります。 要するに売買であり、不動産投資であれば例えば2000万円で購入した土地が地価の高騰によって3000万円になったというのであれば、この時売った金額は粗利で1000万円となります。これが不動産投資におけるキャピタルゲインということになります。 もう一つの方法としてあるのがインカムゲインです。定期としてはその財産を維持したままで得られる利益ということになります。不動産投資で言えば賃貸させることによって得られる賃料などが、これに該当するということになるでしょう。 家賃収入というのは何かと魅力的になります。確かにそう見えるのは間違いないのですが意外なほどリスクもありますので注意しておきましょう。 例えば、貸す場合においては空室のリスクというのがあるわけですし、不動産というのが実物の資産であるわけですから、天候などによる災害などに対するリスクもあります。 固定資産税もかかるわけですから、維持するためのコストというのが他の資産に比べて高くなりがちです。 しかし、上手く書くことができたりしますとかなり安定したリターンが期待できるようになるのでやはり投資先としてかなり人気があります。 金持ちになるための登竜門のひとつと言われている投資となります。 実際のところ利益率でいうとフルに貸せているとしてもそれほど高くなかったりします。 ですがとにかく安定するとえずっとそれが期待できるということになりますし、少なくとも購入した金額がペイされたのであれば、その不動産を売ってしまえばその売却した時の利益がまるまる不動産投資の利益ということになるので、成功した時のリターンがかなり大きいです。